カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

自己決定権

人がどのように生活し

どのように生きるかを

自分で決めることを自己決定権という

 

個人的には

自分で何かを決められなくなるような

グループには属さない方がよいと思っている

(国や職場、あらゆる組織)

 

そうすると

自己決定権を100%行使するなら

一人でいた方が良い、ということになる

 

だけど人間は自分一人では

生きられないから

助け合って糧を得る

 

人を助ける時

多少の自己犠牲が発生する

 

それは時間だったり、労力だったり

考え方だったり

 

自己犠牲の割合が多くなると

やはり病んでくる

 

サービス精神の多い人は

注意した方がいい

自己犠牲もほどほどに

 

 

そして、究極の自己決定権は

「死ぬ時を選べる」ということだと

思っている

 

 

wikiにはこう記されている

 

医療上の問題 ———————
ホスピス - 死への心の準備などの精神的ケア
尊厳死 - 本人の意思でいたずらな延命治療を中止する
安楽死 - 患者が苦痛から逃れることを目的に、意図的に命を縮める

—————————————

 

あくまでも、患者が苦痛から逃れる時の

医療的処置として、安楽死があるが

 

普通に健康な人でも

揺るぎない覚悟をもって

死ぬ時を決めれてもいいと思う

 

 

人がやってしまうと自殺幇助になり

犯罪になるというのなら

AIにやってもらう

 

火葬場までは自分で行くから

安楽死の薬を投与し

死を確認したら火葬して

海に散骨

 

それくらいの装置、すぐできるでしょ