カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

自◯ほう助、または◯すことが究極の愛

オーストラリアに安楽死団体がある。

イグジット・インターナショナルだ。

https://exitinternational.net

(日本人も加入可能)

この団体は自◯ほう助マシーンの設計図をネットで

無料公開している。実に画期的だ。

 

オーストラリアは来年、安楽死が合法となる。

確実に時代は「死ぬ権利の獲得」の流れになってきている。

 

そのうち、

「普通の薬局で手に入る薬で、

安楽死薬が調合できる」レシピも

公開してくれるだろう。

 

日本で、最近

「妻に懇願されて、刺し殺す夫」の痛ましい事件があった。

想像することしかできないが

懇願されて妻を刺すなんて、

究極の愛がないとできないことだと思う。

 

薬があれば、適切な施設や支援があれば・・・

刺す、刺されるなどと痛みをともなわなくても

愛と、しばしの別れを心が納得するまで

確認する時間がもてたのでは・・と思う。

 

国や社会や法律はなかなかすぐには変えられない

保守的な日本には期待していない

 

アンテナを張り

エグジットインターナショナルのような団体をチェックしておいて

あと数年以内には、「安楽死の方法」の情報を手に入れておきたい

そして家族や愛する人達にも、その情報が必要であるならば

教えたり、支援したり、できるだけのことはしたい

 

「安らかに、死ぬときを自分で決めたい」というのは

個人の権利だと思うから・・・