カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

洗濯物が臭いと責められた

洗濯は毎朝、私がしている

 

ついでに元夫の洗濯物もいっしょに

洗濯機に放り込んでいる

 

私の洗濯物なんて、着ていた衣類とタオルくらいのものだが

元夫の洗濯物は

毎日パジャマを着替えるため

パジャマの上下、下着、昨日の服

バスタオルなどがあり

 

かさばるズボンや、枕カバー、シーツなども

洗濯カゴに放り込まれているので

それも私が洗濯していた

 

元夫はよく汗をかくので

汗を吸ったものは

洗ったらすぐ天日干しして、すぐ乾かさないと

雑菌が繁殖して生乾きの臭いがする

 

とりこんだ時、臭いをかいで

生乾きっぽい臭いのするものは

また翌日洗ったりしていた

 

 

ところが昨日、元夫がこういった

「きのうのパジャマ、生乾きで臭いがしたんだよね

なんで臭いのするものをたたむの?

もう一度洗えばいいじゃん」

 

他にも何か言われた気がする

とにかく、臭いがしたのが不快で

 

誰かを責めたい、誰かのせいにしたい、

誰かを責めて自分に起こった不快な現象の復讐をしたい

二度とこういう不快な思いはしたくない

 

という気持ちが強いのだ

これもアスペ由来なのか・・・

モラハラ気質ゆえなのか・・・

 

そして健忘症の私は、どういったやりとりをしたか

今は思い出せない

 

たぶん

「臭いを確認してるよ?」

「全部いちいち臭いを確認しなきゃだめ?」

といったような返答をしたと思う

 

その時は臭わなかったのだ、きっと。

だけど完全に乾いてなかったのか

湿気をふくんでいたかで

着ている時にだんだん臭ってきたのだと推測する

 

本当は臭いを確認するとのどが痛くなるので

したくないのだが・・

 

 

元夫は

「洗ってもらってて、こんなこと言うのはアレだけど」と

少し間をあけて

「じゃあ《おまえが洗えよ》と言われたら洗うんだけどさ」

と言った

 

 

じゃあ、そうしてください。洗濯物わけましょう

と返答した

 

これでこの話はおわりになった

 

昨夜、元夫はジムに行った。

着ていたトレーニングシャツやら下着を洗って

夜の間に干していたようだ

 

朝、乾いていたようだったが

とりこまず、会社に行った

 

洗濯物を取り込むくらいはしてあげるけど

洗ったり、たたんだり、臭いの確認はもう絶対にしないよ