カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

「死にたい」とは何か

人によって死にたい理由は

様々だろう

 

病苦により肉体を終わらせたい

生きていける場所がない

生きる意欲がない

絶望しかなく安らかに眠りたい

 

「死にたい」は

「死によって救われたい」なのだろう

 

 

話は変わるが

「死」とは何か

今月号のニュートンの表紙だ

f:id:nanotherapica:20180828230856j:image

図書館に置いてあったので

とても興味深く読んだ

 

他にも、この世はホログラム説や

重力は本当は存在しない、や

ブラックホールの表面には情報が

書き込まれている(情報は消滅しない)

などの記事が面白かった

 

 

あの世はまだ科学で解明されていないが

輪廻や死後の世界があると仮定すれば

「死」とは、肉体から意識が離れ

別な場所にいく通過点に過ぎない

 

死んだら絶望は消えるのか

痛みや悲しみは消えるのか

 

とりあえず死んだら

働かなくても良さそうだけど…

 

面倒な肉体を維持しなくてもいいのだから

 

でも、もう少し

死んだふりして

この面倒な肉体にいてもいいかな、と思う

 

いよいよ、いれなくなったら

その時はその時だ