カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

医者がススメル安楽死

この本、まだ途中までしか読んでないけど

全部まるっと同意できる

 

著者は70代の医者だが

安楽死を希望する人を

死なせてあげたい、とおっしゃっている

 

無駄な延命も辞めろ

自◯をはかって運ばれてきた患者を

救命したくない、とも

 

f:id:nanotherapica:20180920090325j:image

 

安楽死とは、誇りを持って死ねる

唯一の機会である

 

延命をする医者は無責任だ、とも

言っていて

本当にそうだと思う

 

長く生きることは、ある者にとっては

よくないことなのだ

 

そして自◯するなら

ハルシオン5錠飲み

目張りした部屋で

練炭をたくさん燃やすべし、と。

 

なかなかの良書である

 

後半、安楽死の方法を

教えてくれるらしい

ワクワクしながら読んでいる

 

f:id:nanotherapica:20180920090444j:image

 

図書館にこの本があって

よかった