カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

「医者がススメル安楽死」を読んで

先日借りてきた本を読みおえた

f:id:nanotherapica:20180920090444j:plain

平成13年に出版された当初の著者は73歳の医師だから

存命であれば90才…

 

 

著者によると

医師の中にも、無駄な延命や

長生きを疑問視してる人が少なくないという

そして、秘密裏に家族の気持ちをくみとって

消極的な安楽死(延命の中止)をしたりすることもあるという

 

しかし、それは通常ではやはり難しく

日頃から「意思の疎通ができなくなった場合(脳梗塞や意識不明)には

絶対に延命はするな」と周りや主治医に言っておき

なおかつ、一筆かいておくようにと。

 

それでも医者というのは、延命が仕事だから

今の日本では難しい

 

家族が「治療してください」といえば、ずっと延命してしまう

 

だから、ガンになって治療せず衰弱していくのが

理想的な逝き方のようだとすすめている

 

この著者によると、手術でガンが治ることはなく

治るガンは、もともと切らなくても自然治癒していたものであり

切っても治らないガンは、切ることによって体力を奪い

よけい苦しくさせるものだ、そうだ。

f:id:nanotherapica:20180923163749j:plain

 

そして、スポーツドリンクをのみ、

よけいな治療をせず餓死にいたるのが苦しくなく

むしろ安らかな逝き方だという

 

目次はこんな感じ

f:id:nanotherapica:20180923164058j:plain

 

まとめると

「老い」にあらがわず

ガンは治療せず、周りに「延命拒否」といっておき

それでも難しいなら

スポーツドリンクで餓死か、ハルシオン飲んで練炭・・

ということだろうか

 

私の期待した

楽に逝ける薬の作り方は載ってなかった