カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

求人を見ると死にたくなる

あと一回で

失業保険の振込も終わるし

そろそろ働くことを考えようかと

リハビリ程度に求人欄を見てみるのだが

 

途中でふと希死念慮がおそってきて

見るのをやめる

 

そしてリーゼを飲む

 

まだ働くことなんて考えられない

不安と焦燥感に駆られる

 

こんなんじゃダメだ

 

やっぱり私はいつか

自ら死ぬことを考えて

よき機会に実行してしまうのだろう

 

それが先延ばしになっているだけだ

 

こんな

義務の溢れた国に

どうして生まれてきたのだろう

 

教育の義務

納税の義務

勤労の義務

 

本当に恐ろしい

 

働くことが義務の国に

よくみんな、子供を産めるものだ

 

生老病苦にあふれてるこの世に

大切な子供を産み落とせるなんて

どこか頭のネジがゆるんでるか

エゴのかたまりでないと

できる技ではない

 

奴隷は奴隷を産むべきではない

 

どこの国でもいいから

外国人を受け入れてくれて

理由は問わず安楽死できる施設を

早く作ってくれ