カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

障害者国家公務員試験を受けてみた

よく行った。

よく行ったな、自分。

 

まずは褒めてあげよう

 

前日まで、行くかどうか迷っていた

障害者国家公務員試験

 

新幹線に乗ってわざわざ

人混みの東京で

倍率13倍といわれている試験を受けに

行く価値があるのか

 

とうてい受かりはしないだろうが

気が向いたら記念受験にでも、と

申し込んであったのだ

 

今朝は目覚めもよく、なんだか気分も悪くないので

とりあえず会場までは行ってみよう、と思った

 

気分が悪くなったり、パニックになったら

いつでも帰ればいい

誰にも迷惑はかからない

 

そんな気持ちで会場まで行った

 

すごい人混みだった。。。。

 

私の会場は西新宿だったのだが

そこだけでも7〜800人はいたんじゃないだろうか

 

ネットのニュースでは676人の採用枠に

8700人の応募があったと記載されていた

 

会場は少し空席があったものの、ほぼ満員状態だった

 

受験番号別に部屋が分かれていて

自分の席につくと、ドキドキした

 

リーゼを飲んで落ち着こうとしたら

ななめの席の男性もなにやら薬を口に放り込んでいた

 

わかるよ、わかる

その気持ち

 

試験が終わるまで平常心を保てるかどうか不安だった

 

午前中のテストはマークシートで30問

午後からは作文テストで議題はこれ

f:id:nanotherapica:20190203181038j:plain

「誠実であることについて思うこと」

 

まぁ、自分なりに文章は書けたと思う

 

結果はどうかな

 

まぁこれもいい経験だったと思う

 

最後までパニックにならなかった自分を褒めて

今日はもう寝るとする