カサンドラは健忘症

離婚、そしてうつ病に。離島で働いていたが戻ってきて、元夫と離婚同居中。

期日前投票の案内のバイト

住んでる地域で市議会選挙がある

 

期日前投票の案内の短期バイトを

3日間してきた

朝の8時から夜の8時まで

12時間拘束! (休憩昼30分、夜30分)

 

まぁ一言でいえば、大変だった。

一日に500人もの人に会うべきではない。

 

投票用紙を渡したり、受付でスタンプを押したり

宣誓書に記入する際の案内をするだけなのだが…

 

「どうして期日前投票をするのか」

当日選挙に行けない理由を

宣誓書に書く必要があって

 

その宣誓書に記載されている

行けない理由に該当するものに◯をし

指名、住所、生年月日を書く

 

たったこれだけのことなのに

皆できないのだ

 

選挙に来る人なんて、みんな高齢者だ

 

若い人なら、紙を読み取りサクサクと記入するのだが

高齢者だと、まずこの紙が何なのか

さっぱり分からないのだ

 

(なんで、余計な物を書かせるのだろうか

もっと簡単に投票できればいいのに)

 

案内係は「当日、行けない理由は何でしょうか」と

やんわり訪ねて、

高齢者が「いやぁ、投票所は遠くて坂道でね」

なんて言うと

「あ、それなら3番に丸をつけてくださいね」と

案内し住所と名前、生年月日を書いてもらう

 

車椅子できたり、

杖を両脇に抱えてヨタヨタと歩いてきたり

中には全盲の人や、片麻痺の人まで

付き添い者と同行して来ていた

 

社会に参加するのはいいことだと思う

人は支え合って生きていく

分かっているけど

 

私は高齢者になりたくない

紙を一枚、書くことができない高齢者になるなら

早くお迎えが来て欲しい

 

当日選挙に行けない理由が

「自力で行けないから」になるくらいなら…

 

と思ってしまう